便秘解消サプリメントはデイリーバイオベーシックス


便秘に効くツボ

ツボとは?

人間の身体には約360余りのツボがあり、中には便秘に効くツボもあります。

いわゆるツボは、東洋医学では「経穴(けいけつ)」と呼ばれ、五臓六腑の異常「気・血・津液」が滞るところとして、鍼、お灸、マッサージを行うための場所と考えられています。

また、「気」と「血」が循環する通り道を「経絡(けいらく)」と言い、経穴はその経路の上にあると考えられています。経穴を刺激することによって気と血の循環を良くして、未病状態の体を正常な状態に戻そうというのが、鍼灸やマッサージの狙いです。

手のツボ

合谷(ごうこく)

便秘を改善するツボ「合谷」便秘に効くと言われるツボは多数ありますが、中でも手軽にできる手のツボをまずご紹介します。

手の「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボは、自律神経を整えて、胃腸の働きを改善してくれます。

「合谷」のツボを刺激することで、気持ちが落ち着き、ストレスで乱れた自律神経の機能を正常に戻す働きがあります。

合谷は手の甲の側、親指と人差し指の骨が交わる手前、人差し指側にあります。

この部分を反対の手の親指と人さし指ではさむようにして、「ちょっと痛いけど気持ちいい」と感じる程度の強さで3秒ほど押し、ゆっくり離します。 これを3~5回繰り返すだけです。

神門(しんもん)

便秘解消のツボ「神門」「神門」を刺激すると、自律神経に作用して、腸の働きを活発にし、排便をスムーズに導きます。

手首の関節部分の小指側で、折れ曲がるシワの線上にあります。小指側にあるすじの親指寄りです。

親指をたてて、グリグリと押してください。押しにくい時は、ペンなどを使うといいでしょう。

人差し指で押しにくい場所ですので、親指で手首の下から支えるようにするとより安定します。

まず左手首を、次に右手首を刺激します。

足のツボ

三陰交(さんいんこう)

三陰交内側のくるぶしの骨から指幅4本分上で、すねの骨の後ろのくぼみにあります。

三陰交の「三陰」とは、足の厥陰肝経、少陰腎経、太陰脾経の三つの経絡の意で、「交」は交わるの意。三陰交はこのツボ一穴で三つの経絡の効果が期待できる重要なツボです。

便秘解消以外にも女性の健康維持・増進に欠かせない大切なツボで、女性の諸症状にも効果的なことから「婦人の三里」といわれています。生理痛、冷え性あるいは更年期障害などに用います。

親指をたてて、くぼみに押しあて、左右に動かす感じでマッサージしてください。

足三里(あしさんり)

足三里ひざから指幅4本分下で、すねの外側にあるふくらみ(頸骨)のへり。

膝を立てて、弁慶の泣き所と言われる向こう脛(正式には脛骨という膝から下の真ん中の大きな骨)に沿って親指で軽く下から擦り上げていき、骨の膨らみにあたり自然と指が止まる所をまず目安にします。そしてその部の外側にご自分の親指の幅だけ離れた所です。

便秘の改善のみならず疲れを取るほか、息切れ・動悸、吐き気・おう吐、
倦怠感、胃の機能低下、膨満感、精神不安定など、多くの症状に対応できる万能ツボです。

ツボに中指の腹が当たるように3本の指を当て、軽く押しながらまわして刺激します。3~5回行いましょう。

ツボが効かないひどい便秘には

軽い便秘なら以上ご紹介したツボを刺激することである程度の効果が期待できるでしょう。

しかし、排便が3日以上ない、数年にわたって便秘の症状がある、等の中程度以上の便秘になるとツボ刺激だけでは解消できない場合も多いです。

そのようなときは、やはり医療機関を受診して便秘薬を処方してもらうことになります。

ただ便秘薬の不快感に耐えられない、自然なお通じが欲しい、薬は使いたくない、といった理由からなかなか医療機関に行きたがらない方も多いですよね。

そんなときは、天然成分からできたサプリメントで自然なお通じを目指すという方法もあります。

天然成分100%で無添加のサプリメントであれば、便秘薬のような不快感や副作用の心配もありません。

天然成分100%完全無添加の便秘解消サプリメント

ページのトップへ戻る