便秘解消サプリメントはデイリーバイオベーシックス


妊娠中の便秘対策

妊娠中は便秘になりやすい?

妊婦さんが便秘になりやすい理由妊娠中は体に様々な変化が起こりますが、中でも便秘に悩んでいる妊婦さんは多いのではないでしょうか?

妊娠すると女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになります。特にプロゲステロンというホルモンは、筋肉やじん帯をゆるめることで子宮が大きくなるのに備え、妊娠を安定して継続させる働きがあります。

その一方で、腸のぜん動運動も抑えてしまう作用もあるため、妊娠前は便秘になったことがない人でもなりやすくなるのです。

また、妊娠初期にはつわりのために食事や水分が十分に取れず、便の量が少なくなったりします。さらに妊娠後期には大きくなった子宮が腸を圧迫し、大腸の動きを鈍らせたりします。これらの妊娠期に起こる母体の変化が便秘を引き起こす原因となるのです。

ひどい便秘になってしまったとしても、妊娠中は飲める薬が限られているため、安易に自己判断で市販薬を飲んではいけません。

例えば、便秘に効果的なカフェインは、妊娠中の取り過ぎはよくないと言われています。このように妊娠中の便秘解消はできることが限られているため、どのようにして便秘を解消すればよいのかはより慎重に対策する必要があります。

妊娠中に便秘になってしまう仕組みを以下に詳しく説明します。

ホルモンバランスの変化

妊娠中には先述した通りプロゲステロンというホルモンの分泌が盛んになります。その影響によって筋肉の弛緩が起こり、腸のぜん動運動の働きが低下し、便秘になりやすくなります。

腸の圧迫

妊娠が進むにつれて子宮が大きくなり、大腸を圧迫することも妊娠中に便秘になりやすい原因の1つです。つまり、妊娠中に便秘になるのは赤ちゃんが順調に大きくなってきている証拠ともいえるのです。

腹筋の筋力低下

妊娠中はつわりで気分が悪くなったり、お腹が大きくなり動きづらくなったりするため、どうしても運動不足になりがちです。運動不足によって腹筋の筋力が低下すると、便を排出するための力も十分に発揮できなくなり、便秘になってしまうのです。

妊婦さんの便秘対策

妊婦さんのための便秘解消サプリメント妊娠中の便秘対策は、妊娠していないときと基本的には同じで、「排便のリズム」「食事」「運動」「リラックス」です。

「排便のリズム」をつけることは非常に大切で、便意をがまんしてしまうと、排便のタイミングを逃してしまいます。

朝起きたらまず水分を取り、朝食をきちんと食べて、トイレに行く習慣をつけることが大切です。

「食事」は食物繊維の多いものを積極的に取りましょう。食物繊維には水分を含んで便をやわらかくする働きがあります。

「運動」で適度に腸を刺激することも大事。無理のない範囲で歩いたり、ストレッチやマタニティビクスなどの体操を取り入れたりしてみましょう。

気持ちを「リラックス」させてストレスをためないことも便秘解消には必要です。

便秘を気にしすぎると自律神経のバランスが崩れ、余計に便秘気味になってしまいます。

「妊婦に便秘はある程度つきもの」、と大らかな気持ちで過ごしながら、ストレスにならない程度に自分にできる工夫をしてみましょう。

以下に妊娠中に便秘を解消するための具体的な方法を解説します。

水分を取る

水分が不足していると、便秘はひどくなります。まずは日常生活の中で水分を取るように心掛けましょう。水に限らず、イオン飲料やフレッシュジュースなど飲みやすいものでかまいません。1日1リットル以上を目標に水分を取りましょう。

また、朝は腸の働きが活発になりやすい時間帯ですので目覚めたらまず、水を飲む習慣をつけることをお勧めします。

食習慣の改善

妊婦が便秘解消のために摂るべき食事便秘解消のためには1日3食、食物繊維が豊富に含まれている野菜や豆類、海藻類を中心に食べて、ヨーグルトや納豆、漬物などの乳酸菌もしっかり摂ることを心がけましょう。

ごぼうやサツマイモ、寒天などの食品を意識的に食べるようにしましょう。白米を玄米や五穀米に変えたり、白いパンをライ麦パンに変えたりするのも効果的です。

また、みかんやオレンジなどの柑橘類には、便を柔らかくする働きがあります。柑橘類ならつわりがつらい場合でも食べやすいため、妊娠中のおやつにお勧めです。オレンジジュースやグレープフルーツジュースなどの飲み物でもかまいません。

また、りんごを食べると食物繊維が、腸内にある善玉菌(ビフィズス菌)を増やし、悪玉菌を減らして、便通をよくしてくれます。

最近の研究では、赤ちゃんは出産時の母体の腸内環境を引き継いで生まれてくるといわれています。妊娠中に腸内環境を良くすることが、産後の赤ちゃんの健康にもつながるのです。

乳酸菌やオリゴ糖を摂取する

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整えてくれます。オリゴ糖は、大腸の善玉菌のエサとなって善玉菌を増やします。

乳酸菌やオリゴ糖は便秘を解消してくれるだけでなく、便秘の予防にも役立つといわれているため、便秘が治った後も継続的に摂取すると再発を防ぐことができます。

適度な運動をする

ウォーキングなどの軽い運動をすることにより、腸の働きは活発になります。マタニティスイミングも普段あまり使わない筋肉を使うため積極的に参加することをお勧めします。体をひねったり、腹筋を伸ばしたりといったストレッチをするのも良いでしょう。

病院で薬を処方してもらう

自分でできる便秘解消法を一通り試しても効果がなかった場合は、薬に頼りましょう。

かかりつけの産婦人科で相談すれば、妊娠中でも飲める薬を処方してくれます。

サプリメントを飲む

妊娠中は便秘薬にも制約があり、選択肢が限られますが、サプリメントを考慮に入れるならより選択肢が広がります。特に合成した栄養素ではなく天然成分のサプリメントであれば母体にも優しく安心です。

ただし、天然の栄養素が配合してあると言っても、増粘剤や保存料などの添加物が入っているものもあるのでサプリメント選びは慎重にする必要があります。

添加物なしの100%天然!母体に優しい便秘解消サプリメント

ページのトップへ戻る