便秘解消サプリメントはデイリーバイオベーシックス


便秘を解消する食べ物とは?

便秘にいい食べ物の定番

便秘を解消する食べ物便秘予防、または便秘を解消するためにいい食べ物って何でしょうか?

ほとんどの方は、食物繊維の豊富な野菜、プロバイオティクスが入ったヨーグルト納豆と答えると思います。

確かにその答えは間違ってはいませんが、それらの食材を毎日摂っているのになかなか効果を感じられない人も数多くいます。

なぜでしょうか?

それらの食材の摂り方を間違っている可能性があります。

まず食物繊維には2種類あり、それぞれ違う働きを持っているということは以外に知られていません。正しい食物繊維の摂り方を知らないと期待した効果が得られないばかりか逆効果になってしまうことさえあるのです。

食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維の2つの種類があります。

一般的にイメージされる食物繊維は、サツマイモやゴボウなどに含まれるスジがある不溶性食物繊維の方です。

実は便秘の症状を解消する目的で、この不溶性食物繊維だけをむやみに摂り過ぎると、便秘が悪化する可能性さえあるのです。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維はどちらも便秘を改善する効果があることは事実ですが、それぞれ異なる性質を持っているため、その性質を理解して両方をバランスよく摂ることが大事なのです。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の役割

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、水に溶けず腸の中で水分を吸収してふくらみます。そして腸壁を刺激して腸のぜん動運動を活発にし、未消化の食べ物をすみやかに体の外に排出させる働きがあります。

便の量を増やして、腸の動きを活発化することによって便秘を解消するのなら不溶性食物繊維を摂るべきです。

不溶性食物繊維はスジっぽくて歯ごたえのあるような、とうもろこし、ブロッコリー、ライ麦パン、納豆、インゲン豆、サツマイモ、ゴボウなどの穀類、豆類、野菜類に多く含まれています。がその例です。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は、腸内で水に溶け、ゼリー状になって他の食品と混ざり合い消化管をゆるやかに移動しながら、便を体外に出す働きを持っています。

便を軟らかくして排便を促し、便秘を解消するためには水溶性食物繊維を摂るべきです。

水溶性食物繊維は、ネバネバ、ヌルヌルした特徴を持っています。わかめ、りんご、バナナ、しいたけ、えのき、こんにゃくなどの海藻、果物類、きのこ類などに多く含まれます。

ヨーグルト

ヨーグルトで便秘解消食物繊維と並んで、便秘予防や便秘改善のために摂取されているのがプロバイオティクスで、その代表がヨーグルトでしょう。しかし、ヨーグルトもその摂取方法によっては十分に効果が発揮されないことがあります。

ヨーグルトは食後に

ビフィズス菌や乳酸菌は胃酸に弱いので、朝一番で空腹時に食べると多くが胃酸にやられて死んでしまう可能性があります。

死菌であっても善玉菌のエサになるので少しは効果がありますが、少しでも多く生きた菌を腸に届けるためには、胃酸が薄まった食後に食べるべきです。その方がはるかに便秘に効果的です。

ヨーグルトは開封後すぐに食べきる

乳酸菌やビフィズス菌は空気に触れると、活性度が落ちてしまいますので開封後はすぐに食べきりましょう。

コストパフォーマンスだけを見て、大きな容器で買って、毎日少しずつ食べる人がいますが、小さなパックで一度に食べた方が便秘には効果的です。

納豆

便秘に納豆が効くヨーグルトとともに納豆も、プロバイオティクスの定番ですが、納豆も食べ方には周囲すべき点があります。

朝よりも夜

納豆と言えば朝食の定番ですが、納豆にはナットウキナーゼという血液をサラサラにして血栓を予防する成分があります。

心筋梗塞は夜中から明け方に発生することが多いので、ナットウキナーゼの血液サラサラ効果を享受するには朝よりも夜の方が効果的です。

便秘予防のためだけに納豆を食べるのであれば朝でも構いません。

食べすぎは痛風リスクが高まる

いくら健康にいいからといって、納豆には尿酸値を上げる原因であるプリン体が多く含まれています。納豆の食べ過ぎは痛風のリスクが高くなるので、1日1パック程度が理想です。

アツアツのご飯は効果を下げる

アツアツの炊きたてご飯に納豆を乗せる人は非常に多いですが、ナットウキナーゼは熱に弱いので、熱いご飯の上に乗せると成分が壊れる可能性があります。

また、納豆菌が作るビタミン群には肝臓の炎症を抑える効果がありますが、ビタミンB群は熱に弱いのです。60℃以下なら問題ないので、炊き立てならしゃもじでひと混ぜして、茶碗によそいだら数分放置、その後、納豆を乗せれば大丈夫です。

卵納豆は黄身だけに

納豆に卵を混ぜる卵納豆は、日本人なら誰でも食べた経験があると思います。

卵納豆にする場合は、卵白をのぞいた黄身だけにした方がいいでしょう。

卵の卵白に含まれるアビジンという成分が、納豆に含まれる美肌成分ビオチンと結合して美肌成分の吸収を阻害してしまうからです。

粒納豆よりひき割り納豆

納豆は発酵によって、元の大豆より栄養価を高めています。

ひきわり納豆は砕いた大豆を使用し、表面積が大きいので納豆菌による分解がより進み、発酵時のビタミンなどが粒納豆より増えます。

たとえば、ビタミンKは1.6倍、パントテン酸(ビタミンB5)は1.2倍多く、同じ納豆ならひきわり納豆の方が栄養価は高くなります。

食物繊維にしろプロバイオティクスにしろ効果を最大限に発揮しようと思ったら結構たくさんのルールがあるんですね。

ただ毎日必要量を摂取するだけでも大変なのに…

やはり毎日の食べ物だけで便秘を解消するだけの栄養素を正しい方法で摂るのは至難の業なのです。

もし食物繊維やプロバイオティクスを含めた便秘解消のための必須栄養素をすべてひとつのサプリメントで摂ることができたら…

そんな理想的なサプリメントがあるんです!

理想的な便秘解消サプリメント

ページのトップへ戻る