便秘解消サプリメントはデイリーバイオベーシックス


便秘と腸内フローラ

腸内フローラの乱れが便秘の原因便秘の悩みを抱えているのは、若い世代では特に女性に多いと言われています。便秘の苦痛は経験者にしかわからない不快この上ないものですね。

便秘は腸内細菌のバランスを崩して悪玉菌を優勢にさせてしまいますが、この腸内フローラの乱れは、さらにさまざまな病気を引き起こす原因となります。

便秘の悩みを抱えているのは、若い世代では特に女性に多いと言われています。便秘の苦痛は経験者にしかわからない不快この上ないものですね。

便秘には腸内フローラの状態の良し悪しが深く関わっています。

腸内にはたくさんの細菌が住んでいますが、これを腸内細菌と言います。腸内細菌の種類は実に100種類以上、数にして約100兆個とも言われています。

なかでも、小腸から大腸にかけては、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、ビッシリ腸内の壁面に生息しています。

それが、まるで様々な植物が種ごとに群生しているお花畑のようであることから、腸管における腸内細菌の様相を「腸内フローラ」(腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう)と呼んでいるのです。

そもそも便秘になると腸内でどのようなことが起きるのでしょうか?

便秘になると腸内で便が長時間滞在することになります。すると悪玉菌が増えてそれらが出す有害物質が吸収されやすくなります。

悪玉菌が多くなると、腸の蠕動運動が停滞し、悪臭を持ったガスも発生してしまいます。この状態になると、腸内に毒素が充満し、アレルギーやがん等、様々な病気の誘因となります。

アトピーや湿疹、花粉症や喘息も腸にたまった有害物質が原因になっていることがあるのです。逆に腸内細菌のバランスがとれた状態、すなわち善玉菌優勢になっていれば、腸内の乳酸菌により乳酸が生産されます。

そして乳酸により腸が適度に刺激を受けて蠕動運動が活発になり、排便が促されることになります。すると、便が速やかに排泄されることで有害物質も排泄され、体内に毒素が吸収されることはなくなるのです。

このように便秘を予防・改善するためには、まず腸内細菌のバランスがなによりも重要なのです。

腸内細菌のバランスを良好に保つためには

腸内菌は悪玉菌と善玉菌だけではなく、実は多くが「日和見菌」と呼ばれる中間菌です。

日和見菌は、その名前の通り、腸内において悪玉菌が優勢であれば悪玉菌になり、善玉菌が優勢であれば善玉菌になります。

腸内では善玉菌と悪玉菌が常にバランスをとりあっています。

善玉菌が優勢だと腸の調子はよく、本来持っている免疫力をいかんなく発揮できている状態といえます。逆に悪玉菌が優勢になると腸の働きは悪くなり、免疫力を発揮できません。

腸内に有毒物を含んだ便やガスが停滞してさまざまな病気を引き起こす原因になってしまうのです。 ですので、いかにして日和見菌を善玉菌の味方にしておくかが重要なのです。

自分の腸は善玉菌優勢なのか、または悪玉菌優勢なのか、すなわち腸内フローラは正常なのかどうかは、排泄される便から判断することができます。

便の色や状態を見て、自分の腸内環境がどうなっているかを把握することは自己の健康管理において有効です。

どす黒い便、臭いがきつい便、ウサギの便のような硬い便は、腸内フローラがうまく働いていない証拠です。ましてや便秘の状態だと腸内フローラは最悪の状態だと言えます。

もし、便秘や不健康な便が続くようであれば、乳酸菌と食物繊維、そしてビタミン・ミネラルの摂取量をバランスよく増やして善玉菌を増やし、食生活や生活環境を見直す必要があります。

よく言われることですが、肉好きな人は便もオナラも臭いと言われます。

肉は悪玉菌の大好物ですので、肉中心の食事に偏っている人の腸内は悪玉菌が優勢の場合が多いのがその理由です。

肉食中心の生活をしていると、腸内フローラは乱れ、オナラは臭くなり、便も黒ずんで臭いもきつくなります。大腸がんになるリスクも高まります。

肉を食べること自体は問題ありませんが、肉類と同時に善玉菌のエサになる乳酸菌類、食物繊維をバランスよく摂取して、腸が老化してしまわないように気を付けることが肝要です。

腸内フローラを整えて便秘を解消するサプリメント

ページのトップへ戻る