便秘解消サプリメントはデイリーバイオベーシックス


便秘を解消する運動

軽い運動が便秘を解消する

軽度の便秘であれば、軽い運動を習慣づけるだけで改善することもあります。

日頃の運動不足による筋力の衰えは、腸の働きを鈍らせ、便を押し出すのに必要な腹筋力が低下する原因になります。

腹筋運動はもちろん、ウォーキングや水泳、ヨガといった全身運動もインナーマッスルを鍛えて腸の働きを高めるのに効果的です。

またエスカレーターやエレベーターをできるだけ使わずに階段を使うなど、生活の中でも身体を動かすことを心掛けましょう。

ストレッチやマッサージなどの極々軽い運動でも効果はあります。

運動は肉体面のみならずストレスの解消にもなるので精神面にもいい影響を及ぼします。

腹筋運動

腹筋運動は腹筋を刺激して腹部の血行を促し胃腸の働きを高めます。さらに胃腸をコントロールする自律神経にも作用します。

腹筋が弱いと、排便の際に便をスムーズに押し出しにくくなります。筋力を強化するという意味では、普段からまめに運動する習慣を身につけておくのが大切です。

腹筋運動が便秘を改善

ウォーキング

便秘の原因のひとつとして排便に必要な腹筋や背筋の衰えが挙げられます。ウォーキングをすることによって腹筋や背筋が鍛えられ、排便しやすくなります。

また、ウォーキングは自律神経のバランスを整えてストレスを解消します。ですのでうつ病の7改善にもいいと言われており、精神面の安定にも効果があるのです。

背筋を伸ばして、少し速めの速度で歩くのがコツです。歩くことは健康の基本中の基本ですし、道具も特に必要なくすぐに始められますので、是非試してみてください。軽い便秘で普段まったく運動しない方ならすぐに効果を実感できるはずです。

歩く時間は、20分から30分程度を毎日歩けるようになるのが目標です。便秘改善がウォーキングの目標であるなら、連続して20分も30分も歩く必要はありません。細切れ時間を利用してトータルで1日20分から30分でも効果はあります。

電車やバスで一駅か二駅のところを歩いてみるなど、できれば1日9000歩。高齢の人は6000歩を目指しましょう。

自宅でテレビを見ながら腹筋運動をしたり、ちょっとしたストレッチをしたりするのも便秘解消には効果的です。

ウォーキングが便秘に効く

水泳

水泳もウォーキングと並んで便秘に効く運動です。リラクゼーション効果がありますのでストレス性便秘にも効果かあります。

水泳が便秘に効くとはいっても、必ずしも泳ぐ必要はありません。市民プール等では、水の中をウォーキングするための専用プールもあります。ウォーキング専用プールがなかったとしても、どこのプールでも泳げる人用のレーンと歩く人用のレーンが分かれているので、歩くだけでも利用できます。

泳げない方の場合でも足が付く所で簡単に歩く事が出来るのでお年寄りや女性の方でも安心して水に親しむ出来ます。

水中ウォーキングの良さとして、足や腰に水圧が掛かるので普段の倍以上の力で歩かないと中々前に進む事が出来ないため、足や腰、腹筋や背筋の筋肉を満遍なく鍛える事が出来ます。

便秘に悩んでいる方の多くは全身、特に足腰の筋肉がとても弱く、便をする時のいきむ力が足りていないのです。

水中を歩く事で、地上をウォーキングする時には全く使われていなかった足や腰のインナーマッスルや体幹を効率的に鍛える事が出来るのです。

水中ウォーキングは一見とても地味に見えますが、やってみるとても疲れます。見た目以上にカロリーを消費しているからです。心拍数も上がりますし、汗も大量に出てくるのでダイエットの効果も期待出来ます。

市民プールの場合だととても安い価格で利用が出来ますし、週に2~3回通うだけでも効果が期待出来ます。歩くだけでは物足りないと感じるのならもちろん泳いでもいいですよ。ウォーキング以上にカロリーを消費できます。

泳ぐ事でも便秘解消の効果がありますし、泳ぎが得意な方は便秘になりにくいというデータもあります。

水中ウォーキングで便秘を解消

階段の上り下り

普段利用しているエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うという方法もあります。時間のない方でも行える手軽な運動です。

ほんの些細なことですが、階段を昇るだけでも立派な運動になり足腰の筋肉を鍛えることができます。

まずは、無理をしないでできることからやってみましょう。

階段の上り下りだけでも便秘改善につながります

インナーマッスルを鍛える適度な運動

運動不足によって腹筋や背筋が衰えると、便を出すための力も低下してしまいます。単に食事制限をするだけのダイエットは、たとえ痩せることはできても筋力が低下してしまうことが多いのです。筋力低下を防止するためにも積極的に体を動かすようにしましょう。

ハードな運動は必要なく、便をスムーズに出すために必要な、骨盤内にある腸腰筋(ちょうようきん)のようなインナーマッスルを鍛える運動がお勧めです。

腸腰筋を鍛えるといってもとても簡単な運動です。

●椅子に座り、足を交互に上げて10秒キープする
●立った状態で太ももを片足ずつ上げる

仕事や家事の合間、あるいは通勤、通学やウォーキングの際に、意識してこの動作を取り入れてみてはいかがでしょうか。

インナーマッスルを鍛えて便秘予防

激しい運動は便秘に逆効果

運動不足は便秘の原因になりますが、息が上がるようなハードな筋トレや、全力疾走するような激しい運動は交感神経の働きを優位にします。

交感神経優位の状態は、特に腸の動きが悪くなっているストレス性の便秘にとっては、さらに悪化させる原因になってしまいます。

ですので、便秘解消のために息の上がるような激しい運動をする必要はありません。軽く汗をかく程度の運動を週に2〜3回するのがお勧めですが、毎日のウォーキングだけでも、腸に集まった便を押し出すための腸腰筋や腹筋などの筋力は十分に鍛えられます。

便秘に効くサプリメント

ページのトップへ戻る